プラスチック射出成型金型

プラスチック射出成型金型

HOME > 事業紹介 > 金型&治工具 > プラスチック射出成型金型


Page Top

プラスチック射出成型金型とは

現在多くの家電、自動車、日用品などさまざまなものに樹脂製品が使用されています。
近年特にコストダウンの面からも製品のプラスチック化が進んでいます。
「射出成形金型」は、樹脂射出成形や金属粉末射出成形で使われる金型です。
溶けたプラスチックや金属の粉末を、金型に注入し成形します。

単色成型金型

自社製作金型及びお客様より移管された金型を使用し、多種多様な成形樹脂材料を用いて、プラスチック部品の射出成形を行なっています。

2色成型金型

2色成形

2色成形とは、異材質を組み合わせて一体成形する事です。
初めに1次側となる部分を成形し、同一金型内で2次側となる部分を1次側と一体で成形します。
また密閉性、防水性、防塵性を高める等の機能を付加することが可能です。
弊社では、2色成形によるコスト削減や品質向上などをご提案しています。

インサート成型金型

インサート成形

成形1サイクル中に、金型温度を樹脂軟化点まで上げ、取り出し可能な温度まで下げる事で、一般成形では得られない成形品質を得られます。
また、その品質を維持して成形サイクルを短縮でき得る成形方法です。
・表面光沢のある成形品質
・ソリ、ヒケのない成形品質
・ウェルドが目視できない成形品質
これらのような外観品質が得られます。

成形品例

インサート成形_実績1
 120×70×h15 
インサート成形_実績2
 130×30×h15 

ヒート&クール金型

ヒート&クール金型1

成形1サイクル中に、金型温度を樹脂軟化点まで上げ、取り出し可能な温度まで下げる事で、一般成形では得られない成形品質を得られます。
また、その品質を維持して成形サイクルを短縮でき得る成形方法です。
・表面光沢のある成形品質
・ソリ、ヒケのない成形品質
・ウェルドが目視できない成形品質
これらのような外観品質が得られます。

設備概要

加圧熱水式 Heat&Cool(松井製作所)
ヒート&クール金型2


1.MCHH 88-J × 3台
 (加熱用、予備加熱用、冷却用)
2.バルブコントローラ
3.制御盤

成形品例

材料:トヨラック470Y X65 BL 耐熱ABS
通常 60℃通常 60℃ 通常 100℃通常 100℃ 通常 130℃通常 130℃
ヒート&クール 130℃ヒート&クール 130℃ ヒート&クール 140℃ヒート&クール 140℃
各写真の成形品中央部の鏡面加工で、ヒート&クール成形の方が品質向上の効果が見られます。


その他のプラスチック成形はこちらから

プラスチック射出成型金型プラスチック射出成型金型詳細はこちら 精密順送金型精密順送金型詳細はこちら 金型メンテナンス金型メンテナンス詳細はこちら
各種治具各種治具詳細はこちら